2021.4.2(金)より宮崎市高千穂通1丁目178
(カリーノ宮崎駐車場TRUNK)にお引越ししました!
     
           


チケット購入はこちらをクリック↑(5/25(土)より販売開始)



チケット購入はこちらをクリック↑(6/1(土)より販売開始)


ご購入後の変更・払い戻しは一切お受けできません。予めご了承くださいませ。

 
 
 







 

(C)Two Wolves Films Limited, Extreme Emotions BIS
Limited, Soft Money LLC and Channel Four Television
Corporation 2023. All Rights Reserved.
【第96回アカデミー賞】国際長編映画賞 音響賞 受賞
『関心領域』

 6/14(金)~
ユダヤ人を中心に多くの人びとを死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る一家の日々の営みを描く。
タイトルの「The Zone of Interest(関心領域)」は、第2次世界大戦中、ナチス親衛隊がポーランド・オシフィエンチム郊外にあるアウシュビッツ強制収容所群を取り囲む40平方キロメートルの地域を表現するために使った言葉で、映画の中では強制収容所と壁一枚隔てた屋敷に住む収容所の所長ルドルフ・ヘスとその家族の平穏な暮らしから、収容所の残酷さを浮かび上がらせる。
カンヌ国際映画祭ではパルムドールに次ぐグランプリに輝き、第96回アカデミー賞では国際長編映画賞と音響賞の2部門を受賞した。

2023年/アメリカ・イギリス・ポーランド/105分
監督:ジョナサン・グレイザー
出演:クリスティアン・フリーデル、サンドラ・ヒュラー、他

公式サイト


 
『蛇の道』
 6/14(金)~
1998年に公開された同名映画を巨匠・黒沢清監督が26年の時を経てセルフリメイクした復讐劇。フランスに舞台を移し、オールフランスロケ&フランス語で撮影。他人の復讐に協力する精神科医の新島小夜子を柴咲コウ、復讐に燃える男アルベールをダミアン・ボナールが演じる。
何者かによって8歳の愛娘を殺された父・アルベールは、ある時、精神科医の新島小夜子と出会う。犯人への復讐を生きがいに殺意を燃やすアルベールは、小夜子の協力を借り、ある財団の関係者を拉致する中で、次第に娘の死の真相に近づいていく。徹底的な復讐の果てにあるものとは。

2024年/フランス・日本・ベルギー・ルクセンブルク/113分
監督:黒沢清
出演:柴咲コウ、ダミアン・ボナール、マチュー・アマルリック、西島秀俊、他

公式サイト


 

(C) if… Productions/ZDF/arte MMXXII
『ありふれた教室』
 6/14(金)~
現代社会の縮図というべき「学校」を舞台に描かれる極限のサスペンス・スリラー。
仕事熱心で正義感の強い若手教師のカーラは、新たに赴任した中学校で1年生のクラスを受け持ち、同僚や生徒の信頼を得ていく。ある時、校内で盗難事件が相次ぎ、カーラの教え子が犯人として疑われる。校長らの強引な調査に反発したカーラは、独自に犯人捜しを開始。ひそかに職員室の様子を撮影した映像に、ある人物が盗みを働く瞬間が収められていた。しかし、盗難事件をめぐるカーラや学校側の対応は、やがて保護者の批判や生徒の反発、同僚教師との対立といった事態を招いてしまう。

2022年/ドイツ/99分
監督:イルケル・チャタク
出演:レオニー・ベネシュ、レオナルト・シュテットニッシュ、エーファ・レーバウ、他

公式サイト


 

(C)2024「劇場版 再会長江」/ワノユメ
劇場版 再会長江』
 6/14(金)~
中国・南京在住でインフルエンサーとして活躍しながら、同国のリアルな社会や文化を捉えたドキュメンタリー作品を手がける日本人監督の竹内亮は、10年前にNHKの取材で長江「最初の一滴」を撮影できなかった後悔から、2021年から2年をかけて長江6300キロをたどる旅に出る。道中で10年前に撮影した友人たちと再会しながら、長江を通して中国の10年の変化を見つめ、今度こそ「最初の一滴」を記録するべく源流を目指す。
この作品は2023年5月に開催された「竹内亮ドキュメンタリーウィーク」で上映されたものに再編集を施した、新たなバージョン。

2024年/中国/111分
監督:竹内亮

公式サイト


 

(C)2023 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.
All Rights Reserved.
【ドル3部作 4K】
『荒野の用心棒』
6/14(金)~6/20(木)上映終了
『夕陽のガンマン』6/21(金)~6/27(木)上映終了
『続・夕陽のガンマン 地獄の決闘6/28(金)~7/4(木)上映終了
黒澤明の『用心棒』を、西部劇としてリメイクしたマカロニ・ウエスタンの傑作『荒野の用心棒』が製作されてから60周年を記念し、主演クリント・イーストウッド、監督セルジオ・レオーネ、音楽エンニオ・モリコーネのトリオによる3部作が復元版で甦る。
全編を包み込むモリコーネの印象的な音楽、レオーネのスタイリッシュな演出、カメラワーク。イーストウッドが演じる孤高のガンマンの存在感は、後世の映画に多大な影響を与え続けている。映画の原点にして頂点とも言われる3部作は、半世紀以上経った現在も色あせることなく世界中のファンに愛されている。

監督:セルジオ・レオーネ
出演:クリント・イーストウッド、他
音楽:エンニオ・モリコーネ
『荒野の用心棒』1964/イタリア・スペイン・西ドイツ/99分
『夕陽のガンマン』1965/イタリア・スペイン・西ドイツ/132分
『続・夕陽のガンマン 地獄の決闘』1966/イタリア・スペイン・西ドイツ/178分

公式サイト


 

(C)2024 映画「あまろっく」製作委員会
『あまろっく』
 6/7(金)~
通称「尼ロック」と呼ばれる「尼崎閘門」で守られた兵庫県尼崎市を舞台に、年齢も価値観も違うバラバラな家族が、共同生活の中で次第にひとつになっていく姿を描くコメディ。
リストラで帰郷した39歳の娘・近松優子は定職にも就かず、実家でニート生活を送っていた。そんなある日「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎が再婚相手として連れてきたのは20歳の早希。まったく噛み合わない共同生活を送ることになった3人。しかし、ある悲劇が近松家を襲ったことをきっかけに、優子はこれまでの人生を振り返り、家族の本当の姿に気づいていく…。

2024年/日本/119分
監督:中村和宏
出演:江口のりこ、中条あやみ、笑福亭鶴瓶、他

公式サイト


 

(C)2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures
『胸騒ぎ』PG12
 6/7(金)~
ある善良な家族を襲う悪夢のような週末を描いたヒューマンホラー。
休暇でイタリアへ旅行に出かけたデンマーク人の夫妻ビャアンとルイーセ、娘のアウネスは、そこで出会ったオランダ人の夫妻パトリックとカリン、息子のアベールと意気投合する。数週間後、ビャアンたちはパトリック夫妻に招かれ、人里離れた彼らの家を訪問する。再会を喜び合ったのもつかの間、会話を交わすうちに些細な誤解や違和感が生じはじめ、徐々に溝が深まっていく。彼らの“おもてなし”に居心地の悪さと恐怖を感じながらも、週末が終わるまでの辛抱だと耐え続けるビャアンたちだったが…。

2022年/デンマーク・オランダ/95分
監督:クリスチャン・タフドルップ
出演:モルテン・ブリアン、スィセル・スィーム・コク、他

公式サイト


 

(C)2010 IFC IN THEATERS LLC
『フォロウィング 25周年HDレストア版
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
クリストファー・ノーラン監督が1998年に発表した長編デビュー作。他人の尾行を繰り返す男が思わぬ事件に巻き込まれていく姿を、時間軸を交錯させた複雑な構成で描き出す。
作家志望のビルは創作のヒントを得るため、街で目に止まった人々を尾行する日々を送っていた。そんなある日、ビルは尾行していることをターゲットの男に気づかれてしまう。その男コッブもまた、他人のアパートに不法侵入して私生活を覗き見る行為を繰り返しており、ビルはそんなコッブに次第に感化されていく。数日後、コッブとともにアパートに侵入したビルは、そこで見た写真の女性に興味を抱き、その女性の尾行を始めるが……。

1998年/イギリス/70分
監督:クリストファー・ノーラン
出演:ジェレミー・セオボルド、アレックス・ハウ、ルーシー・ラッセル、他

公式サイト


 

(C)2023 The Associated Press and WGBH
Educational Foundation
【第96回アカデミー賞】長編ドキュメンタリー賞 受賞
『マリウポリの20日間』

 6/7(金)~
ロシアによるウクライナ侵攻開始からマリウポリ壊滅までの20日間を記録しアカデミー賞を受賞したドキュメンタリー。
2022年2月、ロシアがウクライナの都市マリウポリへの侵攻を開始した。AP通信のウクライナ人記者チェルノフは、取材のため仲間と共に現地へと向かう。ロシア軍の容赦ない攻撃により水や食糧の供給は途絶え、通信も遮断され、マリウポリは孤立していく。海外メディアが現地から撤退するなか、チェルノフたちはロシア軍に包囲された市内に留まり続けた。その後、滅びゆくマリウポリの姿と凄惨な現実を世界に伝えるため、ウクライナ軍の援護によって市内から決死の脱出を図る。

2023年/ウクライナ・アメリカ/97分
監督:ミスティスラフ・チェルノフ

公式サイト


 

(C)2023 Metro Lato Sp. z o.o., Blick Productions SAS,
Marlene Film Production s.r.o., Beluga Tree SA, Canal+
Polska S.A., dFlights Sp. z o.o., Ceska televize, Mazovia
Institute of Culture
『人間の境界』
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
ポーランドとベラルーシの国境で“人間の兵器”として扱われる難民家族の過酷な運命を、スリリングな展開と美しいモノクロ映像で描いた人間ドラマ。
「ベラルーシを経由してポーランド国境を渡れば、安全にヨーロッパに入ることができる」という情報を信じ、幼い子どもを連れて祖国シリアを脱出した家族。やっとのことで国境の森にたどり着いたものの、武装した国境警備隊から非人道的な扱いを受けた末にベラルーシへ送り返され、さらにそこから再びポーランドへ強制移送されることに。一家は暴力と迫害に満ちた過酷な状況のなか、地獄のような日々を強いられる。

2023年/ポーランド・フランス・チェコ・ベルギー/152分
監督:アグニエシュカ・ホランド
出演:ジャラル・アルタウィル、マヤ・オスタシェフスカ、トマシュ・ブウォソク、他

公式サイト


 


(C)塚原重義/クラガリ映畫協會
『クラユカバ』『クラメルカガリ』※2作品別料金
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
個人映像作家として活動してきた塚原重義監督が手がけた長編アニメーションシリーズ。
各々の求める物を追って地下世界「クラガリ」へと潜る人々を幻想と現実が入り混じったレトロな世界観で描く。目撃者はおらず、犯人の意図も不明…謎の集団失踪事件の手がかりを求めて「クラガリ」へと向かう探偵・荘太郎の活躍を描く『クラユカバ』。
刻々と変化していく炭鉱町「箱庭」の町並みを地図に書き留める地図屋を生業としている少女カガリが風変わりな町の人々とともに町全体を揺るがす陰謀に巻き込まれていく『クラメルカガリ』。
世界観を共有する2作品を同時公開!

『クラユカバ』2023年/日本/61分
監督:塚原重義
出演(声):神田伯山、黒沢ともよ、芹澤優、他
『クラメルカガリ』2024年/日本/61分
監督:塚原重義
出演(声):佐倉綾音、榊原優希、悠木碧、他

公式サイト


 

(C)2021 Lost Weekend, LLC All Rights Reserved
『ジョン・レノン 失われた週末』
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
1973年秋から75年初頭にかけての18カ月間、ジョンはヨーコの強い希望により、夫妻の個人秘書でプロダクションアシスタントを務めていた中国系アメリカ人メイ・パンとともに過ごすこととなり、この期間、アルバム「マインド・ゲームス」「心の壁、愛の橋」「ロックン・ロール」を立て続けに制作するなど、ソロキャリアのなかで最も商業的に成功した時期を過ごした。
映画ではメイ本人の証言をはじめ、貴重なアーカイブ映像、プライベートな写真、ジョンが贈ったユニークなイラストの数々を交えながら、メイの目で見た素顔のジョンを描き出す、見逃せないドキュメンタリー!

2022年/アメリカ/94分
監督:イブ・ブランドスタイン、リチャード・カウフマン、スチュアート・サミュエルズ
出演:メイ・パン、ジョン・レノン、ジュリアン・レノン、他

公式サイト


 

(C)2024 映画 ◯月◯日、区長になる女。製作委員会
映画 ◯月◯日、区長になる女。』
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
劇作家・演出家のペヤンヌマキが監督を務め、2022年の杉並区長選挙を記録したドキュメンタリー。
人口57万人が暮らす東京都杉並区。緑豊かなこの街で、行政主導の再開発、道路拡張、施設再編計画が進んでいた。有権者数47万人という規模の選挙でありがなら、わずか187票差で現職区長を破ったのは、地縁なし、政治経験なし、ヨーロッパに暮らし、NGO職員として世界の自治体における「公共の再生」を調査してきた岸本聡子。岸本と彼女を擁立した住民たちとが、当選を目指して本気の対話を積み重ねていく姿を描く。

2024年/日本/110分
監督:ペヤンヌマキ
出演:岸本聡子、他

公式サイト


 

(C)2023 Kart Entertainment Co.,Ltd.
『コウイン ~光陰~
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
民間警備会社の身辺警護員たちの生きざまを描いた「第二警備隊」の続編。
要人警護専門の警備会社エステックで、殉職した中本の遺志を継ぎ日々奮闘する高城と佐野。そんなある日、中国の工作員に追われていると話すひとりの女性が、身辺警護を依頼してくる。高城をはじめとした警護チームは、女性を匿うため人里離れたキャンプ場にやってくるが、すぐに工作員が迫っているとの情報が入ってくる。子連れの家族や仲の良さそうな夫婦、若者グループなど、キャンプを楽しむ人々の中に、すでに工作員が紛れているかもしれず、緊張が途切れない中で1人目の犠牲者が出てしまう。

2023年/日本/93分
監督:柿崎ゆうじ
出演:出合正幸、竹島由夏、山崎真実、他

公式サイト


 

(C)2013 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
『アバウト・タイム 愛おしい時間について【Filmarksリバイバル上映】
 5/31(金)~6/19(水)上映終了
 1600円均一/招待券利用不可
今年日本公開10周年を迎える『アバウト・タイム 愛おしい時間について』のリバイバル上映が決定!
作中の印象的な「結婚式」シーンにちなみ、ジューンブライド上映と題し、6月間近の5月31日(金)より2週間限定の上映となります。
タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。
Filmarksでは★スコア4.1
(※2024年4月3日時点)と高い評価を受け、ベストムービーに挙げるファンも多い本作待望の全国上映!

2013年/イギリス/124分
監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス、ビル・ナイ、他

公式サイト


 

(C)NHK
『正義の行方』
 5/31(金)~6/20(木)上映終了
1992年に福岡県飯塚市で2人の女児が行方不明となり、同県甘木市(現・朝倉市)の山中で他殺体となって発見された飯塚事件。94年に逮捕され、DNA型鑑定などにより犯人とされた久間三千年(くま・みちとし)は死刑判決を受け、08年に異例の早さで刑が執行された。しかし、執行の翌年に冤罪を訴える再審請求がなされ、事件の余波はその後も続いている。
飯塚事件に関わった弁護士、警察官、新聞記者それぞれの立場から語られる「真実」と「正義」をもとに、この事件の全体像を描きながら、日本という国の司法の姿を浮き彫りにしていく圧巻のドキュメンタリー。

2024年/日本/158分
監督:木寺一孝

公式サイト


 

(C)2024「お終活 再春!」製作委員会
『お終活 再春!人生ラプソディ
 5/31(金)~
シニア世代に大好評の「お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方」に続くシリーズ第2弾。
結婚50年の金婚式を迎えた大原千賀子と真一。ひとり娘の亜矢は恋人との結婚も目前に控え、順風満帆な大原家だったが、ある日、真一に認知症の疑惑が持ち上がる。一方、千賀子は若い頃に習っていたシャンソンの恩師の娘・丸山英恵との出会いをきっかけに再びレッスンに通い始め、コンサート出演を勧められて張り切る千賀子だったが、コンサート目前に開催が危うくなってしまう…。
笑って泣けて、役に立つ!これからの人生のための一作!

2024年/日本/118分
監督:香月秀之
出演:高畑淳子、剛力彩芽 松下由樹、橋爪功、他

公式サイト


 



(C)1961 東宝
 午前十時の映画祭14
『小早川家の秋』
 6/7(金)~6/20(木)上映終了
 一般1500円 学生1000円 / 各種割引適用

老舗の造り酒屋一家の悲喜こもごもを軽妙に綴った小津の名人芸

関西にある老舗の造り酒屋の老主人・万兵衛は65才になり、今は経営を長女・文子とその婿・久夫に任せて隠居の身。画廊に勤める亡くなった長男の嫁・秋子と次女・紀子の行く末が悩みの種だった。ある日、万兵衛の様子がおかしいことに気付いた娘夫婦が心配して調べてみると、万兵衛が昔の妾つねとよりを戻していたことが分かった。

1961年/日本/103分
監督:小津安二郎
出演:中村鴈治郎、原節子、司葉子、新珠三千代、他

午前十時の映画祭14公式サイト


 

 
 
映倫(映画倫理委員会)区分
【PG12】 12歳以下の方には助言・指導が必要  【R15】15歳以上の方がご覧になれます  【R18】18歳以上の方がご覧になれます 
    予定が変更になる場合もございますので、ご了承ください。
 





 miyazaki kinemakan
   
 | お問い合わせ | 運営 NPO法人 宮崎文化本舗 |
 宮崎キネマ館はNPO法人宮崎文化本舗が運営しています。 
(C)2001-2009 Non Profit Organization Miyazaki Cultural Head Office All right reserved